映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

KIPON マウントアダプタ NEX-EOS EF

CP+でSONYは自らのブースでサードパーティのマウントアダプタを展示し、オールドレンズや他社製レンズをNEXに装着する楽しみ方を訴求していた。
そしてマウントアダプタメーカーの1社、KIPON(キポン)ブースではNEXのEマウントにキヤノンEOSのEFマウントを付ける新しいマウントアダプタを展示していた。

Kipon_01

これがそう(笑)
マウントアダプタのほとんどは電子的な情報をやりとりしないシンプルなものだからNEX用も早くからたくさんあったが、EFレンズ用は中途半端なものしかなかった。

Kipon_02

EFレンズは鏡筒に絞りリングがなく、物理的に絞り羽根を外部から動かす術がない。結果、マウントアダプタを作っても絞り開放でしか使えない・・・・のが問題だったのだが、キポンの新製品はそこを対策してきた。

Kipon_03

なんとマウントアダプタに絞りリングがあるのだ。
そして絞りリングに追随して絞り羽根が動く。

Kipon_04

しかも、14枚絞り。ちなみにEF50mm F1.2Lの絞り羽根は8枚、F1.8では5枚。ワタシの愛用するEF100mm F2.8L MACROでも9枚だ。
むろんこれは限りなく瞬時に動作するAE/AFの高速性を支え、電磁式に動く絞り羽根の耐久性を担保するうえでのものであり、手動でにゅる〜んと動くだけのマウントアダプタと同じに語るものではないが、それでも絞り枚数が多いと理屈の上ではぼけの美しい円形絞りを実現できるはず。

Kipon_05

NEX-5にマウントアダプタだけ付けてみた写真。

Kipon_06

定番のEF24-105mm F4Lをつけた状態。

Kipon_07

縦置きすると、ボディが潰れてしまうのではと思うくらい(笑)

Kipon_08

今回、AUGM大分に持っていったフォクトレンダーの40mm。どうせマウントアダプタでAFが効かないのならマニュアルフォーカスレンズで良いし、マニュアルの操作性がポイントになる。
見た目も含め、なかなか良い感じの組み合わせで気に入った。
実際の作例写真等は、順次公開していく予定。
そして、実はVG10にこれ経由でEFレンズをつけてムービー撮ってみようと思ってるのは内緒(笑)だ。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください