映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ガンダムのパーツがヤマトで届く

静岡基地から、ガンダムのパーツをヤマトで送るとメッセージが入った。
なんて胸が熱くなるコラボレーション。

Sizuoka_gundam_01

そのとき、ワタシの脳裏に浮かんだイメージはこんな感じ。
そして、14万8千光年ではなく、182km(Google map調べ)の旅を経て、ヤマトが到着。

Sizuoka_gundam_02

しつこいけど、その時に脳内再生されていたこんなビジュアル
BGMはこういうときガンダムよりヤマトの方が盛り上がるように思う(笑)
なお、写真はPhotoshopCS5こんじる削除で台座を消してる以外は、合成無しの一発撮りです。

Sizuoka_gundam_03

ヤマトに添えられていた現地指揮官マツナガ大尉からの電文。
ワタシは静岡戦役に参戦していないので、写真はお台場戦線で活躍し、静岡戦役にも遠征したクマデジタル(階級不明)の記録写真アーカイブより借用

なお、静岡戦役は終結し、モビルスーツ開発が凍結されているため、Mアーキテクツは表向き、1級建築士事務所を装っている。それでも地下サイロでMSの整備を行い、捲土重来に備える様子は0083 STARDUST MEMORYに詳しい。
で、STARDUST MEMORYといえばカケラである。

Sizuoka_gundam_04

静岡から送られてきたのは、この2010 STARDUST MEMORY。
マツナガ大尉の報告書がここにアーカイブされている。静岡戦役終息後、戦場に残されたガンダムのSTARDUST MEMORY

Sizuoka_gundam_05

かって、ア・オバ・クー周辺空域に駐留していたクマデジタル艦に届いたものと同じもの。

Sizuoka_gundam_06

もちろん、脳内にはその戦場に佇む、マツナガ専用機の高機動型ザクIIが浮かんでいたのはいうまでもない。
ちなみに、高機動型ザクII シン・マツナガ仕様はFW GUNDAM STANDart:10のひとつ。このFWシリーズ(一部マーキングをPhotoshop修正)。単体で買えるのだけど店頭にでるのが一瞬なので、それを逃すと箱買いになってしまうのが難点。

Sizuoka_gundam_07

このエントリーは事実に基づくフィクションです。

期待と不安が交差するお台場ガンダムプロジェクト 2011は土曜日から
–ads–

コメント (3)
  1. macchan より:

    >SAIKAさん
    今週末のお台場合衆国戦役開始前に、
    下心を隠したような時期になってしまい・・・m(_ _)m
    し、しかしですよ、これは私の夢想の粋を遙かに超えています。
    クマデジタルさんもそうだけれど、
    ヤマト宅急便で、いやクロネコですよ、
    それで、ここまで夢想されるとは、
    本当に、SAGAWAでなくて良かったと思います・苦笑。
    それこそ、KYだった・・・大汗。
    一級建築士事務所を装って・・・、
    スパイは、本業以上に副業に真剣です・笑。
    さて、高機動型ザクII シン・マツナガ仕様、
    どこで、売っているのでしょうか。
    せめて、この角度の画像を記念に使用許可願います!!
    いや、このブログ自体が、私の良い記念となります。
    これは、早々にクマデジタルさんにも登場した
    三男・カイ シデン(本当)にも、知らせなければ。。。

  2. SAIKA より:

    このFWシリーズは、主にコンビニで売られています(スーパーのお菓子売り場にでることもあります)が、足がはやいので、発売開始したら足繁く索敵しないと遭遇が難しい清貧です。
    ただ、高価い(680円)のでお子様が敬遠しがち。
    うまくいけば今も残ってるかも
    写真は自由にお使い下さい(^.^)
    さらに・・・(この後のネタは、近日中にブログで)

  3. 2012年ダイバーシティにガンダム立つ!
    お台場に、3年振りにガンダムが帰還。
    東京臨海副都心地区のフジテレビそばに、
    来春竣工する『ダイバーシティ東京』は、
    商業施設とオフィスビルからなる複合施設。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください