映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM

普段は100mm以上の焦点距離は滅多に使わない。ので持ってる白レンズは定番(?)のEF70-200mmF4L ISのみなのだが、今回はもうちょい大型を用意。

Ef100400_01

70-200mm F4Lがエンタープライズならエクセルシオール。
そうEF100-400mm F4.5-5.6L IS USMである

Ef100400_02

質量1380gはEOS 5D Mark IIボディの1.5倍。正直、ワタシの体力では運用の厳しい巨大戦艦である。
なんでこんなアンドロメダ級を持ち出したかと言えば

Ef100400_03

今日、大学の裏庭からiPhoneで撮った写真(トリミングしてます)
そう、明日は航空自衛隊入間基地祭

Ef100400_04

EOS 5D Mark IIに加え、望遠用の7Dもスタンバイ。
7Dと60Dとどっちがいいかなあ。
そりゃ、7Dなんだけど、150gちがうんだよねえ

普段使わないEF100-400mm F4.5-5.6L IS USMなんかいきなり使ってもダメ。
機材負けするよ、ってツッコミは当然あるとおもうし、自分でも半分そう思ってる(^_^;
まあ、趣味なら本気(の機材)で、ってことで。

そういえばこのレンズ、近年珍しい直進型のズームレンズだ。

Ef100400_05

ところでキヤノンのLレンズ特設サイトからリンクされてるEF LENS L Series Specification & Accessories TableになぜかEF100-400mm F4.5-5.6L IS USMが載っていない。
なぜ?生産完了の話は聞かないが・・・。

たしかにこのレンズ、ISつきのLレンズの中では最古参に近いし、200-400mmF4Lの開発発表も行われているけど、200-400はもっと巨大だし、いま、発表されてなければオリンピックまでには出ないと思うとモデルチェンジとも考えにくいのだけどなあ

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください