映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

CINEMA EOSはInterBEE 2011で

明日からInterBEE。Mac World亡き後、唯一毎年欠かさず行っている展示会だが、今年は仕事の関係で最終日、しかも午前だけしか行けない寂しさ。
一般には、日本で初めて CINEMA EOSの実機が見える場所になるのに。

Interbee_cinema_eos_01

おもえばEOS 5D Mark IIが初めて展示されたのもInterBEE 2008だった。
Canonはもっと早くEOSムービーを本格展開すべき、と思ったり言ったりしてきたけれど、3年後のInterBEEでC300が出るというのは、ある意味凄いスピードなのかも知れないと思う。

だってあのとき、EOS 5D Mark IIの開発チームは29.97FPSも、ビデオの音が48kHzであることも知らなかった(訳ではないだろうが、重要な事だとは思っていなかった)んだ。

Interbee_cinema_eos_02

それがC300という形になり、4K EOSも控えているという進化。
これは凄いことだと思う。
ちなみに2008のInterBEEは前年まで巨大なブースを構えていたアップルが姿を消した年でもある。

Interbee_cinema_eos_03

そしてキヤノンブースでのデモセッション、CINEMA EOS x Hollywoodでは、いろいろ仲良くして頂いている高野光太郎さんのお名前が!(すみません、知っていました)
必見だと思います。

Interbee_cinema_eos_04

カメラのトップメーカーであるキヤノンが、シネマに本気になった年、後にそう語られるターニングポイントになるInterBEEなのかも、かも、かも。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください