映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

iomegaのHDDケース

AUGM鹿児島(Apple User Group Meeting 鹿児島)2012に参加された方は知っているが、懇親会での抽選によって、ワタシはiomega社のHDDケースを引き当てた。

Iomega_hdd_1

この製品、箱が大きく高価そうで、RAID対応で、しかも提供がキットカットだったことから、仕込みだろー、と思われた方もいたようだが、偶然です。
だいたい、ワタシのプレゼンが、FireWire時代の終焉、とか言ってるのに、FireWireHDDケースなんだってば!

Iomega_hdd_2

iomegaって昔、ZipドライブやJazドライブを作ってたメーカーだよね?
いまはEMCコーポレーション傘下らしい・・・。
この手の製品としてはデザイン、質感ともに標準的なもの。G-Techのような高級感はないが実用十分ではある印象。

Iomega_hdd_3

背面にはFireWire 400/800 eSATA USBとマルチなインターフェイス。
んで、一部に誤解があるようだが(笑)当たったこれ、中身は空の「ケース」だから!

Iomega_hdd_4

つまりベアドライブ入れないと、ただの箱なのだ。

Iomega_hdd_5

家にはたまたま未使用のHGSTの2TBドライブがあった。
ので、オンラインで同じHGSTの2TBを注文。

Iomega_hdd_6

RAIDは同じ容量、同じ回転速度は当然として、同じブランドのできればロットも揃えたいところだが、いまさら無理。HGSTの2TB 7200rpmはキャッシュが32MBの製品と64MBの製品があるので、そこは注意して買った。
よし、と思いきや・・・

Iomega_hdd_7

ラベルが違うよ・・・?
えー・・・・・

Iomega_hdd_8

ただ、製品のラベルみると古いのも6Gb/sになってるし、製品番号も同じ。
大丈夫かな
まあ、しばらくテスト運用してみて、なにかあるようならJBODでフォーマットして二コイチHDDとして使えばいいだろう。

–ads–

日立 HGST 3.5inch 7200rpm 2.0TB 64MB SATA 6.0Gbps 0S03191

キットカット@amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください