映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS REBEL の海外CM

実はあまりTVを見ないので、印象が偏ってる可能性も有るけど、EOS Mの怒濤のCM攻勢、すごいなあ。と思う。
まあ、EOS MのTV CM、悪いとは思わないんだけど、オーソドックスというか、王道すぎる気もする。

そんななか、海外で放送されているEOS REBEL T4iのCMがステキだ。
ちょっとブラックで、シニカルで、そうそう、カメラもつひとの身勝手なメンタリティが見えて、でも、そんなひとが愛おしく見えて。
いいCMだなあと思う。

このEOS REBEL T4i。日本ではEOS Kiss X6iのこと。
ずいぶんイメージの違うカメラに感じるよね。広告の持つイメージ力は大きい。

先日書いたCanon EOS-1D C のムービー、The Ticketもそうだけど、向こうの広告センスっていまだ見習うべき部分があるのも事実だと思う。

とか思ってキヤノンのページに行ったら、そのEOS Kiss X6i対象の
「家族のお年玉キャンペーン」キャッシュバック(最大2.2万円)

(とはいえ、2.2万円の条件はちょっと無理があるような)

今年の6月に出た機種なので、さすがにモデルチェンジには早いから、ボーナスシーズンの販売促進策かと思うけど、EOS Mがある現在、ちょっと差別化要因に苦しい気がするのも事実か。

–ads–

コメント (2)
  1. movie_for_life より:

    このCMいいですね〜。
    海外のCMって、いい意味で肩の力が抜けてるような気がします。
    そのゆとりが「商品」よりも「人間」にフォーカスがあてられてるような。
    日本のCMはやはり「商品」が主導のが多い感じ。
    これは文化的な違いなんですかね〜。

  2. ジョージ より:

    このCM、衝撃的にカッコイイですね!
    日本でもこんなの作ればいいのに。なぜ無いのだろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください