映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ケンコーからアルカスイス互換雲台

モノポール機関といえばSFのフィールド(YAMATO2520では波動エンジンの後継機関でしたね。実写版ヤマトも波動エンジン自体モノポールっぽい描写がされていた)だけど、モノボール雲台といえばアルカスイス。

アルカスイス、カメラ店で触らせて貰ったとき、とてもイイ感じだったのだけど、いかんせんレンズ1本分くらいする価格に手が出ない。
そうしたら、ケンコー・トキナーから、アルカスイス互換の自由雲台がでるという。

Arcaswiss 

 

FP-95 希望小売価格14,000円

いや、アルカスイス互換の雲台やプレート自体は各社から出てるのでそれ自体は驚かないのだけど、日本のアルカスイス正規代理店は、ケンコー・トキナーの子会社であるKPI(ケンコー・プロフェッショナル・イメージング)なんだよね。

そういう意味ではちょっと意外。
ものはどうなんだろうか。一度、使ってみたいな〜

–ads–

コメント (2)
  1. かおる より:

    これ、SIRUIが作ってる雲台のOEMですね
    http://www.sirui-japan.com/products/cat30/k-10x.html
    K-10Xとスペックそっくり、耐荷重は日本仕様、ってとこでしょうか
    SIRUIの雲台は大きさに割りに滑らかに動いてロックもガッチリ締まるので、、上に載せるのが軽量機材ならなかなかお買い得な雲台だと思いますよ

  2. SAIKA KAZUHIKO より:

    なるほど!
    余計気になってきました〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください