映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ヤマト2199 第5章 ロングバージョンPV

4月に劇場公開が始まる、宇宙戦艦ヤマト2199 第五章 望郷の銀河間空間 の長尺予告篇が公開。

ガミラス側でもヤマト側でもクーデターが起こるなど、オリジナルをなぞりつつ、外していく展開。オリジナルでも反乱は起きるのだけど、オリジナルのイスカンダルでの藪機関員ではなく、ビーメラ星系で、というのが興味深い。

ガンダムはモビルスーツ戦、マクロスは航空機戦で、アニメで艦隊戦はヤマトか銀英伝と以前書いたけど、実はオリジナルヤマトで、ヤマトとガミラス艦が艦隊戦を行うのは以外と少ない。
アステロイドベルトでの対シュルツ戦くらい?(七色星団の戦いは空母艦載機との対空戦だったし)そういう意味では、今回のリメイクはスティングレーの敵役のような深海魚型ガミラス艦(デストリア級重巡等)が活躍していて嬉しい。

Safari002

Great Mechanics DX 24(特集はガンダムUC)でメカニカルデザインの石津氏のコメントが載っているのだけど、デザインテイストの違うヒトデ型空母(ポルメリア級強襲航空母艦)は、別の星の技術体系?とも書かれてる。
たしかにこれと三段空母は同じデザインラインにはないよね・・

期間限定だけど、第5章、冒頭の9分も公開中

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください