映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS M : マウントアダプターにまさかのビデオピン

EOS M 短期集中レビューシリーズ

EOS Mは発売7ヶ月たっても専用レンズは同時発売の2本のみ。さらにレンズロードマップも公開されていないが、その代わり?最初から既存のEOS EFレンズが使えるマウントアダプター EF-EOS Mが用意されていて、ダブルレンズキットには同梱されている。

EOS_M_25

ソニーNEX純正のマウントアダプター LA-EA1とほぼ同等のサイズ。LA-EA2のようなトランスルーセントミラー・テクノロジーは搭載していないが、AF、IS等の動作は可能。

EOS_M_26

ともに脱着可能な三脚座が付いていて、ソニー製の方が幅広で安定感はあるが、キヤノン製は背高でマウント位置がやや上がる分、大口径のレンズで使いやすい。

そしてなんと、製品説明にも仕様にも書いてないのだが

EOS_M_27

EF-EOS Mの三脚座にはVHSピン(ビデオピン)孔がある。
ビデオ雲台使用時にずれなくセットできるし、これは最高。さり気なくこの仕様にしたキヤノンの開発者にスタンディングオベーションを送りたいくらい(笑)

ってか、EOS-1D C、どうしてこれが出来ない・・・。いや、せめて今後出る三脚座には標準装備にして欲しい。

EOS_M_28

という訳で、EOS MにEF85mm F1.2Lをつけてみた(笑)

EOS_M_29

重量も価格も3倍以上の組み合わせ。
でも、AF等、ちゃんと動きます(遅いです)

EXCAM

絞り優先 F1.2オート 露出補正 -2/3

G-Speed

絞り優先 F1.2オート 露出補正 -2/3

Img_5192

絞り優先 F1.2オート 露出補正 -1/3

Img_5198

絞り優先 F1.2オート 露出補正 +1/3

Img_5206

絞り優先 F2.8オート 露出補正 +1/3

これはEOSのサブシステムとして高ポイント与えても良いところ。

–ads–
このマウントアダプターも5,000円キャッシュバックの対象なのでなんと・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください