映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

速く〜☆新ファームと新レンズ>EOS M

いや、タイトルは言葉遊びです。すみません。

少し前からうわさにはなっていたけれど、キヤノンから正式発表

EOS M 超広角ズーム とAF高速化ファームアップ

EF-M11-22mm F4-5.6IS STM って、35mm換算18〜35mmっていうと、けっこう強いパースがつくよね。

C1A_7370

写真はEOS-1D CにEF8-15mm  F4L Fisheyeつけて15mm域で撮ったもの。

定価(希望小売価格)5万円、実売は4万円強くらい?EFに較べるとリーズナブルに思えるのがいやだ(笑)
ただし、デジカメWatchの記事によれば
レンズキャップ「E-55」(600円)、レンズフード「EW-60E」(1,500円)は別売。
え?フードはともかく(他のEF-Mレンズも別売り)レンズキャップが別売りってどういうこと?

C1A_7374

そしてワンショットAF時に限るとは言え、公称 最大2.3倍の速度向上するAFファームアップ。
最初からこうなら、MはもっさりのM、とか言われずにすんだろうに、とは言うまい。
AFはEOS Mの大きなウイークポイントのひとつなので、素直に歓迎。
6月下旬か、速くぅ〜。

そして、もう、なんというか、本当にやっと、「EOS 5D Mark III・EF 24-70L IS Uレンズキット」発売。
この組み合わせって、コンサバすぎる組み合わせではあるけれど、マクロから標準(中望遠)までオールラウンダーEOS 5D Mark IIIを面目躍如たる組み合わせだと思う。
これに、85mmF1.8をリニューアルして組み合わせれば、ポートレートセットとして無敵じゃないかなあ。
そう、85mmF1.8とか50mmF1.4とか、そろそろ手を入れてもイイと思うんだ。

C1A_7373

–ads–

Comment (1)
  1. Ryoji より:

    初めまして。(以前、電塾ではお顔を拝見させていただきました)
    いつもいつも楽しく拝見させていただいております。
    EOS-M(ベイブルー)は娘が持ってますがあまりのもっさり感に最初壊れてる?と思ったほどです。
    なのでAFファームアップはうれしいです。
    娘はそんなことまったく気にもしてないようですが…
    出ましたね。
    「EOS 5D Mark III・EF 24-70L IS Uレンズキット」
    でも48万円かぁ・・・
    持ってる機材全部売っても足りません(+_+)
    最近は一眼レフの出動はめっきり減ってNEX-7orGRという身体に優しい組み合わせです。
    とりとめもない書き込みでした。すみません。
    それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください