映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS R3はタイムラプス動画非対応でHDMIはまさかのマイクロ

カメラ自体のスペックは無双の名に相応しいモンスター級だったので、敢えて「え?」な部分を書いてみようと思います。ついにティザーではなく製品発表となったEOS R3。
どうもタイムラプス動画モードを非搭載で、HDMI端子はまさかのタイプD(マイクロHDMI)なんですよね。

3の名(EOS R1を残して)で、EOS-1D X Mark IIIをすべての部分で凌駕するのがテーマだったんじゃないかと思うEOS R3は、1D系より小さく軽く、ヒト、動物AFではフードやヘルメット被ってる頭部を検出し、乗り物優先も追加。ただ、乗り物は4輪2輪対応で、オリンパスのような「飛行機」には非対応。ルーク・オザワ氏を抱えてるのになあ(笑)

で、仕様を見てみると、タイムラプス動画がないんですよね。(写真はEOS R5)
もちろん、インターバル機能を使って撮影、編集アプリでタイムラプス動画作成は出来るんでしょうが、カメラ内でタイムラプス動画を生成する機能は省かれた?ここは要確認ポイント(ワタシはタイムラプス大好きなので)。

さらにHDMIがマイクロ(タイプD)なのは結構ショック。EOS R5に較べて縦に余裕のあるボディなのに、ヤワな D type HDMIだなんて(プロテクター付属すればいいってもんじゃない)。ここは意外かつ納得しがたい部分。

ついに純正アクセサリーとなったスマートフォンアダプター。AD-P1
ただよく分からないのはUSB Type-Cで接続するので「iOSスマートフォンは使用できません」とあるのは分かるのだけど、大きくAndroid用とiOS用をラインアップ。と書いてあること。誤表記でないならなに?まさかiPhone13はUSB-Cとか?(ないない)

8K動画は撮れないけれど、逆にEOS R5では記録できないオーバーサンプリング4K60P(EOS R5はオーバーサンプリング対応は4K30Pのみ)に対応してるのは羨ましい。同じDIGIC Xのようなので、ファームアップでEOS R5にも降りてきて欲しいなあ・・。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください