映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS R3 でだけ多重露出ができるRFレンズ

RFレンズには多重露出ができないという不思議なレンズが存在する。RF24-105mm F4-7.1 IS STMとRF24-240mm F4-6.3 IS USMがそれ。大きい、重い、高価い、ラインアップが先行したRFレンズのなかで、コンパクト、軽い、安い、レンズ群。
で、この2本のレンズ、製品ページにも注意事項として
本レンズの仕様上、多重露出撮影には対応しておりません。また、本レンズで撮影された画像を使用して、別のレンズで多重露出撮影することもできません。
という一文が入っている。理由はなんだっけ、昔、訊いたけど忘れた。

・・・で、先日気がついたのだけど、その一文に、さらに注釈が追記された。
(EOS R3を除く)

えっと、なんで?
高価すぎて買えないと揶揄されることも多いRFレンズだけど、なにかを割り切ることでこれまでにないユニークなラインナップが展開されていて、RF24-105mm F4-7.1 IS STM、RF24-240mm F4-6.3 IS USMもそのひとつで、多重露光に対応出来ない割り切りがあるのだと思っていたけど、EOS R3ならできる、他のEOS R系では出来ない、というのはなぜ?
EOS R3になにか特殊な機能があるのでしょうか?どなたか分かる方、お教え下さい・・。

EOS R5 + RF35mm F1.8による多重露出な遊び。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください