映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

CFexpress & SDXC デュアルスロットカードリーダーを買った

半導体不足の影響か、EOS R5やEOS R3をはじめCFexpressを使うカメラが人気のせいか、長く在庫切れになっていたプログレードデジタルのCFexpress & SDXC デュアルスロットカードリーダーが在庫を戻したので買いました。
【CFexpress Type B/SD】 USB3.2Gen2 ダブルスロットカードリーダー (PG05.5)

パッケージはDual-Slot Card Readerとプリントされていますが、日本のサイトではダブルスロットとなっていますね。

本体の他、同梱品はUSB-C to C と USB-C to A のケーブル、そして鉄製プレート(後述)

手前が今回買ったデュアルスロットリーダー、奥が昔買ったCFexpressのシングルリーダー
見て分かるようにカードスロット部以外は同じ筐体に思えます。

フロントとリア

カードマウント時のLEDライトはデュアルリーダーはふたつです。PROGRADE DIGITALのカードリーダーは底面にマグネット、天板に鉄が仕込んであるので、スタック使用時にズレないのが◎

全く同じに見えた本体ですが、シングルリーダーのほうはカードが全部リーダー内に収まり、プッシュすると出てくるスプリング機構ですが、デュアルリーダーのほうはCFexpressもSDも頭が出たままです。この違いは意外でした。
イジェクトスプリングが故障したときでもカード取り出しが容易なように機構を変えたのか、他の理由かは分かりません。

底面にマグネットが仕込まれているのでエレクターシェルフの棚板部分にマウント出来ます。Mac Pro 2019やMacBook Proはマグネットが付かないので、前述の鉄製プレートを貼っておけば同様に使えます。

ふたつのスロットは排他関係にはなく、同時に使用できます。

MacのファインダーではCFexpressがオレンジ、SDXCがシルバーのアイコンで表示されましたが、これってOSがやってるの?

実際の読み込み速度等は、近日テストしてみます。

–Ads–(あ、在庫あと少しだ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください