映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

宇宙のランデヴー 映画化。監督はドゥニ・ヴィルヌーヴ

アーサー・C・クラークの傑作の1作、「宇宙のランデヴー」がドゥニ・ヴィルヌーヴ監督で映画化!
https://jp.ign.com/dune-2021/56606/news/dune-sf

宇宙のランデヴーは大昔に読んでたけど、数年前に改訳が出てるんですね。

しかも表紙は太田垣康男氏。(ラーマへの侵入シーンだけど、ガンダム第1話っぽいw)
私の手元にある版は表紙が美人画で有名な田一郎氏だった。

クラーク作品の映画化でドゥニ・ヴィルヌーヴは適役に思うけれど、どうだろ

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください