映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

スバル レヴォーグの内装はインプレッサに近い?

別にスバリストでもなんでもないのですが、とても気になる SUBARU LEVORG

>もしやインプレッサと同じ形で加飾違いではないか…という話もあり、(クマデジタル)

お、それは・・と思ったところに、仲良しのDigital Life Innovatorさんが、LEVORG 発表特別パーティに参加され、写真を撮っていたので、転載許可を頂きました。

IMGP0193

スバル レヴォーグ 運転席(写真:Digital Life Innovator 転載許諾済)

インプレッサ車内_01

スバル インプレッサスポーツ 運転席(うちの:クリックで拡大)

ナビ部分のパネルはちょっと違うし、エアコンの3連ダイアルもちょっと違いそうだけど、基本、おんなじ。(レザーで処理してる部分もあるけど)

インプレッサ車内_02

スバル インプレッサスポーツ 運転席(うちの:クリックで拡大)

この内装デザイン。キライじゃない。ってか、シンプルで好きな方だけど、だからといって素晴らしい、って絶賛するほどでもなく、もっとスタイリッシュな方向か、もっと質感重視か、やりようにあるとこだと思っているので、次世代スバルがここから始まっちゃうのはちょっともったいないかなあ、と思ったり。

インプレッサ車内_03

そうそう、スバルの大きなアドバンテージである EyeSight(今は無きアップルのiSightじゃないよ)は、レヴォーグから Ver.3へ。
これ、ワタシのインプレッサはVer.2なので、さらなる進化が楽しみなのと同時に、このユニットが小型化というか、薄くなったのか、気になる。

いまは慣れて気にならなくなったけど、最初はでかいな、って思ったもん。

–ads–

Comment (1)
  1. nesuke より:

    こんにちは~
    とあるスバル好きですが、インパネ周りは共通部品多そうですね。
    センターコンソールはEPB(電動パーキングブレーキ)化されたのでかなり変わっています。
    また、ドアまわりもシャーシが違うために形状が異なります。
    EyeShightVer.3は薄くなっていて、カラーで認識するように変更されていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください