映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

マンフロットからEOS互換バッテリー

ヴァイテックイメージングからマンフロットの冠を付けたEOS互換バッテリーが出るらしい。(日本の製品ページ)(GIZMODEの記事)ワタシはずっとデジカメのバッテリーは純正派なんだけど(だって文字通り目の前にくっつけるんですぜ、もしもの事を思ったら安価な互換品なんか怖くて使えない)、マンフロットだったら大丈夫?とか思っちゃう程度にはブランドイメージに弱いみたいです。

Manfrotto Pro バッテリー HLX-E6NH

いやあ、なんというか、玩具みたいな外観ですが、たしかにカメラバッグの中で目立ちそう。ただ、これ、どこかで見た気がするなあと思ったら、銀一が代理店やっているHahnel(ヘーネル) エクストリームバッテリー そっくり?(いや、どちらもキヤノンE-6そっくりなのですが)

Hehnel HLX-E6N 型番もHLXだし、これはヘーネルのバッテリーをマンフロットレッドにして、ロゴを入れたOEMでほぼ間違いなさそう。
ちなみにどちらも容量は2000mAhで、キヤノンのLP-E6NH(2130mAh)より少し小さく、キヤノンの先代LP-E6N(1865mAh)との中間くらい。マンフロットオンラインストア価格は6100円とキヤノン純正のほぼ半額なのでC/Pは高い。
なかなか悩ましいところですね・・

–ads–

コメント (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください