映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Mac miniを大きく機能拡張する:OWC MINISTACK STX

現時点でいちばん安く買えるM1 MacはMac miniです。モニターやキーボード、マウスを自分で用意できるならミニマムの構成で8万円を切って買えるハイコストパフォーマンス機。ワタシはMac Pro 2019をメインマシンに、Mac miniをM1のテスト機として使っています。
ただ、Mac mini(M1)、ThunderboltとUSB 3.0(Aタイプ)が2ポートづつ。HDMIが1ポートと、拡張性に乏しいんですよね。いや、M1Mac全体がそんな感じですが。OWC MINISTACK STXは、Mac miniにストレージやThunderboltを最小のスペースで追加、拡張する外付けケースです。(公式製品ページ

このブログはOWC社よりMINISTACK STX(ケースのみ)の提供を得て行っています。それ以外の利益供与はありません。このブログにおける【AD】【PR】【SP】等 表記と運用ポリシーについてはこちらをご覧下さい。
MINISTACK STXは2つのストレージを内蔵できる(後述)ケースですが、まだこれ用のストレージを買っていないので今回は外観とスペックのみの紹介です。実際の速度等のレビューは後日、行います。

MINISTACK STXのサイズは、幅19.7cm、奥行き19.7cm、高さ3.7cmと、Mac mini(幅19.7cm、奥行き19.7cm、高さ3.6cm)と合わせてあり、綺麗にスタックできます(固定機能はないので載せるだけです)。
外装はブラックのアルミニウムで質感もMac miniと揃っています(天板はプラスティック)。

リアパネルにはThunderbolt4端子が4ポート。ひとつはMacとの接続に使うので外部拡張用に3ポート使えます。
そう、MINISTACK STXはThunderbolt 4 HUB機能を持ち、サンダーボルトを分岐できるのです。昔、レビューした同社のThunderbolt 4 HUBがストレージケースに内蔵されているようなものです。
他にはケンジントンロック用のセキュリティスロットがありますが、Mac miniにはないので外付けケースだけあってもなあとは思っちゃいますね。個人的にはMac miniに2014年まであって、その後廃止されたSDカードスロットがあると完ぺきだったと思います。

付属品はThunderbolt 4ケーブルとACアダプタ。ACアダプタはTB4の電源供給をまかなうため大きめです。
TB4ケーブルは約70cm。普段使いには便利な長さではありますが・・・

Mac miniとスタックを前提とするなら、10cmくらいのショートケーブルを付けてくれるとスッキリして使いやすかったと思います。

MINISTACK STXは内部にNVMe M.2 SSDスロットと、2.5inchもしくは3.5inch のSATAドライブ(SSDもしくはHDD)ベイがあり、デュアルドライブケースとして運用できます。例えばM2SSDを作業用に、HDDをタイムマシン用に設定するなど応用範囲が広そうです。
この辺の実際の使い勝手や速度は、後日、ドライブを購入してから書く予定。子供の受験料でお金がないんですよ

と言うわけで、M1 Mac miniのユーザーには現時点でベストな拡張システムに思えるMINISTACK STXのインプレでした。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください