映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ST-E3の代わりに600EX-RT

MacがFireWireからThunderboltに移行期であるように、キヤノンのスピードライトのワイヤレス制御も光(赤外線)から電波に移行中。
世代交代の直中では、君は刻の涙をみる。ように様々な悲哀が起こるもので、ワタシも去年、ワイヤレストランスミッターST-E2をST-E3に換装しようとして、ST-E2は光通信、ST-E3は電波通信専用という事実に泣いた(?)もの。(RTはラジオトランスミットの略?)

600EX-RT_3

でも、そのとき知ったのです。
ST-E3-RTは電波通信のみだけど、600EX-RTは同じ電波通信でありながら、赤外線による光通信も搭載していることを。

600EX-RT_1

そっかー、安くないうえにトランスミッター専用機のST-E3の代わりに大容量ストロボもついた600EX-RTを導入するのもありかあ。
(ちょっと論理に飛躍があるかもだけど、事実)

ワイヤレス多灯ライティングの魔術師には遠く及ばないけれど、そこはそれ、研究もしないとね。

まあ、来年度になったら・・と思っていたら、あ、三連休の終わりまでなら、このちょっとすごい名前のキャンペーンの対象じゃん。
しかも、来年度になったら消費税率があがるし・・・。

600EX-RT_2

–ads–

コメント (1)
  1. 600EX-RTは確かに過去のスピードライトのマスターになれるが…
    実は昨年、600EX-RTを導入してました。
    「ST-E3-RTは電波通信のみだけど、600EX-RTは同じ電波通信でありながら、赤外線による光通信も搭載していることを」
    そう、600EX-RTをマスターにして ……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください