映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

USBメモリーのサイズ感で超高速のSSD。OWC ENVOY PRO MINI

USBメモリーとほとんど同じサイズ感で、超高速のSSDを搭載。さらにUSB-CとUSB-Aのふたつの接続端子を持つモバイルSSD、OWC ENVOY PRO MINI のレビューです。

OWC ENVOY PRO MINI 公式日本語ページ
レビューにあたりOWC社よりENVOY PRO MINI(250GB)のサンプル提供を受けていますが、比較およびレビューはフェアに行っているつもりです。内容に誤りや事実誤認があった場合、修正の上、変更箇所を明示します(誤字脱字の修正を除く)。
これらの運用ポリシーについてはhttps://mono-logue.studio/policyをご覧下さい。

OWC ENVOY PRO MINIは掌に乗る小型のモバイルSSDです。アルミニウムの削り出しで作られた堅牢な放熱型の筐体は、重量26g(カタログ値)しかありません。それでいて10Gb/sのインターフェイスとメーカー実測値946MB/sの超高速アクセスを誇ります。(後述しますが、ワタシの環境下でも900MB/sを超えます)

ワタシが使っているUSBメモリ(上)とENVOY PRO MINI(下)
USBメモリーはもう5年くらい使っているUSB3.0仕様で実測値220MB/sくらい。ENVOY PRO MINIはきっちりその4倍速い。

ネックストラップが付属します。軽いので首掛けできるのは紛失防止に◎。ちなみにコネクタ付きでストラップは根元近くで脱着可能。

ENVOY PRO MINIはトランスフォーマー的(?)ギミックで変形して、USB-CとUSB-Aの接続が出来るのも今のポート混在時代には有効。

変形プロセス。
①移動時形態。
②USB-Cモード
③〜⑥トランスフォーム

ちなみに④⑤⑥のどの状態でもUSB-A接続、読み書きできますが、③以降、USB-Cでは読み書きできません。つまりSSD自体はUSB-Aのある筐体側にあって、USB-C接続時にはUSB-A経由でアクセスしているんですね・・・。

自分のMac Pro 2019にUSB-C接続すると、WRITE 900MB/Sを超え、READ 840MB/S前後でした。なお、アクセス中はお尻が青く光ります。

USB-A接続だと約半分に速度が落ちますが、これはMac Pro 2019のUSB-Aポートが5Gb/sの仕様だから。アップル純正のUSB-C – USBアダプタ経由でUSB A接続すると、ほぼUSB-C接続時と同じ速度が出ました。

せっかくなので手近にあったUSB-C接続のモバイルSSDストレージを測ってみました。
左上:OWC Envoy Pro Elektron IP67防水、耐衝撃性を持ってこの速度は◎
右上:SanDisk Portable SSD USB 3.2 Gen 2を謳っているけれど安価な製品ゆえかこのくらい
左下:SanDisk Extreme SSD USB 3.2 Gen 2×2(20Gb/s)公称ですが、ENVOY PRO MINIと同等くらい。IP55の防塵防滴。
右下:G-DRIVE SSD IP67防水、耐衝撃性のプロ仕様で愛用。ただ古い(5年前購入)せいか速度はこの程度。

Thunderbolt SSDなら、(モノに寄りますが)2000MB/s〜2500MB/sくらい出るので、速度だけならUSBタイプは敵いません。が。

iPad(iPad Pro & iPad Air)に外部ストレージとして接続できるのがUSBストレージの大きなアドバンテージ(だからワタシはiPhoneもUSB-Cになることを切望しています)

「ファイル」から読み書きが可能です。iPhoneもこれが出来ればProRes収録がもっと現実的になるのに・・・。(シネマティック4KをAirDropで共有することの虚しさったら)

念のため、2~3倍速いThunderbolt SSDはiPadでは使えません。

左からENVOY PRO MINI、Envoy Pro Elektron、MX Anywhere 3
重量は、26g、85g、99g。モバイルストレージとしてはEnvoy Pro Elektronが少し高速で、3倍重くて、防水。容量単価はENVOY PRO MINIの方が少し安価。

ケーブル不要で接続先がUSB-CだろうとAだろうと、MacだろうとWinだろうとタブレットだろうと、スタンドアロンで対応出来るENVOY PRO MINIってひとつ持っているとすごく心強いと思います。
ただですね・・USB-Cのキャップが無くさない仕様なのはいいのですが

そのせいで実使用時に隣接したポートは結構使いづらいのは数少ない欠点かなと思います。

という訳で銀英伝の宇宙艦艇風に撮ってみました。

ENVOY PRO MINI 公式サイト

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください