映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

モバイル用マウスにMX Anywhere 3 for Mac

モバイル用というか持ち運び用マウスにロジクールのMX Anywhere 3 for Macを使い始めて何ヶ月か。このマウスの感想は書いていなかったので書いておきます。

自宅ではLogicool MX Master 3 for Macを使っていて、同社のPR記事にも出させて頂きましたが、このMX Anywhere 3 for Macはその時にサンプルとして頂いたものです。小型で持ち運びにはいいのですがMX Masterに較べると機能性は劣り(というかアサインできるボタンが少ない)、最初はあまり使っていなかったのですね。持ち運び用はAppleのMagicMouse 2が薄くてポーチ等の収まりも良かったのですが・・

自宅ではもう手放せないMX Master3は持ち運びには大きいのですよね。マジックマウス2とMX Anywhere 3が同じ重さだとは気がついていなかったです。

でもMX Anywhere 3がカスタマイズ性に乏しいとは言ってもそれなりに機能割り当てができて

かつ、Bluetooth認証をその都度しなくても3台までのマシンに切り替え可能で(大学の自分の研究室、MacBook Proを割り当て、3つめはテンポラリー用に)トグルボタンで簡単に切り替えられるのも◎なので、大学ではMX Anywhere 3が常用マウスに。

で、大学では香港のナイトマーケットで買った2000円のナショジオ ウオークアバウトのアウトレット(?)にMBPやレジュメを突っ込んで移動するのですが、このガラケーホルダー(正しくは携帯オーディオホルダーだそうです)に

MX Anywhere 3がぴったり入るのですね(笑)

という訳でナショジオとロジクールのコラボでした。

MX Anywhere 3、いいのだけど、定価で1万円超えで、MX Master 3と4000円以下の差しかなく、だったらMX Master 3だよなあ、と思っちゃうのですよね。
ちょっと悩ましい価格設定だと思います。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください