映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

DaVinci Resolve for iPad 実機展示:InterBEE2022

iPad Pro 2022の発表時にしれっとアップルのWebサイトで発表されていたDaVinci Resolve for iPadが、InterBEE 2022のBlackMagicDesignブースで展示されていました。

しかもちゃんと稼働状態で自由に触れる展示だったのは流石です。

使えるのはCutページとColorページ。
これは現時点で、ではなく、とうぶん(?)はこの2つがDaVinci Resolve for iPadだということらしい。え、Editページはないんだ・・・。

Colorページはほぼデスクトップ版のDaVinci Resolve と同じ。しかもiPad ProならディスプレイもHDRなうえにApple Pencilが使えるというアドバンテージが。
そう、当たり前ですが、画面にタッチで操作できるiPadなので、ノードの操作やクオリファイアーでのカラーグレーディングなどはデスクトップ版より使いやすいかも(かも、ですが)。

デスクトップ版DaVinci Resolveとのプロジェクト互換性あり。iPad版にない機能を使った部分は弄れない(スルーされる)けれど、適用後として表示可能(すべてかどうかは不明)。

LUTやタイトル機能も実装してるので、これは現場ですごい強いかも。
デスクトップ版と同様に、無償版とStudio(有償)版があり、後者は99ドル(だったと思う)。
すごいなBlackMagic。iPad用にFinal Cut Pro Expressの登場を待っていたけれど、アップルはやる気無いのかなあ。iPadでDaVinci Resolve走るなら、その後段もDaVinci Resolveで良くなって、Final Cut Proの出番が、が、が。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください