映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Bose QuietComfort 20i を買う

iPhone用のヘッドホン、イヤホンは、自分で買ったり、評価機を頂いたり、安価なものからそこそこ高価なものまでずいぶん試した。
個人的に耳の奥に突っ込む感が大きいカナル型は性に合わない、いくら音が良いと言ってもiPhone(ロスレスエンコードは使っていない)、そしてなにより、電車車内使用が基本なので、その環境下でHiFiが適切か、って思っていて、消費税増税まえに購入したのが

BOSE QuietComfort20i_01

Bose のノイズキャンセリング・ヘッドホン(イヤホン) QuietComfort 20i

最近、短時間の電車では音楽を聴くことが少なく、特急や新幹線といった比較的長い車内で身体を休めるための音楽(iPhone)って意味合いにシフトしているので、ノイズキャンセリングヘッドホンが欲しいなあと思っていたのです。

BOSE QuietComfort20i_02

iPhoneと同じくらいのサイズのケースつき。ケースは柔らかい。
ノイズキャンセリング目的なら、ヘッドホン型の方がいいんじゃない?って指摘もあろうし、同じボーズのQuietComfort 3 や、ソニーの MDR-1RNCMK2 などもいいなあと思ったのだけど、荷物増やしたくないんですよね・・・。

BOSE QuietComfort20i_03

Bose QuietComfort 20i 本体のサイズ感はこのくらい。
本体重量 44g(公称値)
このくらいだとひらくPCバッグのメッシュポケットや、その日のバッグに付け替えて使っている拡張ポーチに収まるので便利。

BOSE QuietComfort20i_04

本体はUSB充電型なのでバッテリーが切れても電池交換は出来ない。
バッテリー切れだとノイズキャンセリングだけでなくヘッドホンとしても使えない機種もあるが、本機はバッテリー切れでも通常ヘッドホンとして使用可能。

BOSE QuietComfort20i_05

マットで手触りのいい外装。ホコリはけっこう付きやすい。

BOSE QuietComfort20i_06

QuietComfort 20i は、アップル製品専用モデル(汎用型はiがつかないBose QuietComfort 20)なので、3ボタンリモコンがコード途中にあり。
スタートストップ、音量、スキップ、戻し、が可能。マイクも搭載。

BOSE QuietComfort20i_07

クリップも別にあり

BOSE QuietComfort20i_08

独自形状のイヤーチップはシリコン製?

BOSE QuietComfort20i_09

インイヤータイプだけど、カナル型と異なり、耳の奥に突っ込むものではない。
前述のように、電車等に長時間乗るときの疲労軽減が主目的なので、圧迫感のない本機にしたのは正解だった。

BOSE QuietComfort20i_10

ソニーの1万円くらいのでいいよー、とアドバイスいただいていて、そのクラスで探していたのだけど、同僚のM先生や、O先生がみなQuietComfort 20i だったので、消費税が上がる前に駆け込んでみました。

BOSE QuietComfort20i_11

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください