映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、ワタシの興味関心の向く モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006  このblogはアフィリエイト広告等の収益を得ています。収益はすべてモノローグに役立つ無駄遣いに使わせていただきます。

Nikon Z9 動画専用カタログ

ふと寄った量販店で置かれていたカタログ「Nikon Z9 MOVIE 動画カタログ」。既存のZ9カタログとは別に、ニコンZ9のムービー機能に特化したカタログ。

こんなの出てたのか、と思ったら2023.1.19.になっている。出たばかりか。ファームウエア3.0に合わせて作られたものらしい。

自分はキヤノン&OMDSユーザーなのでニコンは縁がないけれど、それでもZ9の評判がいいのは知っている。それでもニコンと言えばスチルだよね。というイメージがあるのだけど、動画に(も?)本気を感じさせる18面からなるカタログ。
EOS R5やEOS R3のカタログが4面のものしか作られていないのと較べると圧倒的な物量戦。いや、もう情報はWEBでしょという意見もあるとは思うけれど、このカタログを眺めると紙の説得力を再認識させられます。

そうそう、こういう図、分かり易いよね。

マルチアクセサリーシューを持つEOS R3やR5Cと異なり、Z9はアナログ入力音声収録オンリーだから?DEITY,RODE,SENNHEISER,TEACを並べたページや、他のページでもDJI,ZHIYUNのジンバルにSmallRigのリグ、ATOMOS,BMDのレコーダー、等々を名前入りで記載、自社製に拘らずサードパーティ製との互換性を謳うなど、本気度すごい。

機能的にはEOS R3やR5Cと変わらないものでも、ちゃんと解説すると訴求力あるし、アドバンテージがあるように見えるし、こういう姿勢はキヤノンも見習って欲しい。動画のひとは分かってるよね、じゃなくてさ。

折り込まれた動画仕様一覧も、WEB等で見るよりいいですよね・・・。ただ、ProRes のビットレートについてはアップル社のホームページで確認ください、というのはなんだかな、とは思うけれど。

そんなわけで、Z9の、というか、ニコンが動画にも本気らしい、というのは嬉しく思ったカタログでした。
わたしはEOS ですが。

–Ads–

Nikon ミラーレスカメラ 一眼 Z9 ボディ black

Nikon ミラーレスカメラ 一眼 Z9 ボディ black

690,000円(07/20 15:36時点)
Amazonの情報を掲載しています
Canon (キャノン) EOS R3 カメラボディ

Canon (キャノン) EOS R3 カメラボディ

1,138,213円(07/20 15:36時点)
Amazonの情報を掲載しています
ATOMOS(アトモス) NINJA V ATOMNJAV01 ATOMNJAV01 ブラック

ATOMOS(アトモス) NINJA V ATOMNJAV01 ATOMNJAV01 ブラック

104,906円(07/20 18:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください