映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

しんかい2000を見てきた

小さい頃、行った記憶が微かにある江ノ島水族館と、いまある新江ノ島水族館は別物だけど、それでも江ノ島の記憶は水族館と共にある。
で、新江ノ島水族館にはぬめぬめした鱗や皮膚や甲殻ではない、鋼の耐圧殻を持つ水族が展示されている。
潜水調査船 しんかい2000

しんかい2000_01

しんかい2000_02

くらげも大水槽も演出の見事なイルカショーも素晴らしいけれど、えのすいと言えば しんかい2000だと思う(笑)

しんかい2000_03

知らなかったのだけど、このしんかい2000、動態保存なんですね。すごいな。

しんかい2000_04

しんかい2000_05

いまはしんかい6500にその役割を譲ったしんかい2000だけど、6500に較べまるくぼてっとしたボディは大深度潜航艇のイメージをビジュアルで体現してて好き(笑)
蛇足だけど、戦闘機も三次元ノズルだステルスだ、って言いながらブロックの塊になっている現行機より、空力だよ、ラインだよ、とビジュアルで見せる?1〜2世代まえが好き。

しんかい2000_06

しんかい2000_07

しんかい2000_08

しんかい2000_09

しんかい2000_10

ちなみに、日本沈没(リメイク版のほう)に出てくるわだつみ2000はしんかい2000の同型艦(?)

しんかい2000_11

新江ノ島水族館だけにあるUFOキャッチャーには、しんかい2000がある。

しんかい2000_12

ちゃんとJAMSTECのまるしー。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください