映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

紗々写真展「s/elf.」に行って

ハイエンドディスプレイメーカーであるEIZOのショールーム、ガレリア銀座に併設されたギャラリーで行われている写真展、紗々写真展「s/elf.」に行ってきた。
紗々さんと言えば、モデルであり、MCであり、ラジオパーソナリティであり、のひと。

紗々写真展「s:elf.」_01

縁あって3年前には写真とムービーのDVD-ROM「紗々ROM」を、浅岡省一さんと撮ってリリースしたりと仲良くさせて頂いているかたのひとり。

紗々写真展「s:elf.」_02

そんな彼女が、撮る側になって紡いだ写真の展覧会が今回の写真展、「s/elf.」。
被写体がカメラに興味を持って・・という例は珍しくはないが、紗々さんの場合は実はかなり前から被写体と撮り手、をやっていて、個展も二度目

今回の「s/elf.」、とてもよかった。
被写体としての彼女は魅力的だ。そして、その被写体が自らカメラを手に取る。その意味性を自分が自分の写真の被写体になることで象徴する。これは撮り手でしかない我々にはできない。企画モノのようにみえて、その意味するものは彼女にしか出来ないテーマ。

紗々写真展「s:elf.」_03

独特の色調補正に彼女の意思が見えるカラーも良かったけれど、ワタシは撮ったときに完結したであろうモノクロのシリーズが好き。
被写体と撮り手を行き来する息づかいが、よりストレートに出ているように感じたから。

そうそう、セルフ撮りを支えたのがマンフロットのトラベラー三脚であるbefree
ワタシ個人はジッツオのトラベラー三脚 GK1580TQR4(旧型)を使っているので不要だけど、お洒落なのはマンフロットの方だよねえ

Self_04

昔、撮った紗々さん。

紗々写真展「s/elf.」
2015年8月19日~2015年8月29日(日・月休館:10時~18時30分)
EIZOガレリア銀座 東京都中央区銀座7-3-7 ブランエスパ銀座ビル3階

紗々さんの在廊スケジュールは、Facebookページにて確認するのがイイと思います。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください