映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、ワタシの興味関心の向く モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006  このblogはアフィリエイト広告等の収益を得ています。収益はすべてモノローグに役立つ無駄遣いに使わせていただきます。

OMシステム、Macでのファームアップ止める?

OM Digital Solution(元オリンパス)が、同社製カメラのファームウエアアップデートについて、Macでのファームアップが今後出来なくなると示唆しています。

OMシステムのミラーレス一眼は、キヤノンのようなファームウエアアップデータをメモリーカード経由やスマートフォンから読み込んでアップデートするのではなく、カメラをPCに繋いで、OM Workspace(というアプリ)経由でアップデートする方式なのですが、4月11日のリリース

今後、macOS の更新に伴うセキュリティ強化の影響で、カメラのファームウェアアップデートが実行できなくなる可能性があります。
つきましては、まだファームウェアアップデートを行っていないカメラ、レンズがございましたら、お早めにアップデートを実施いただくようお願い申し上げます。
なお、Windows においては今後も変わらずアップデートサービスをご利用いただけます。

ちょ、ちょっと待って・・・
>お早めにアップデートを実施いただくよう
って、今回はいいけど、今後はどうするの?Windowsは大丈夫だから、って、Macユーザーの神経を逆撫でしてどうするの・・。

現状のOM Workspaceを介すアップデートも面倒だなあと思っていたけれど、そこはメーカーの考え方だし、と思っていたのだけど、今後はMacは非対応ね、ってさらっと言われても。

OMDSには、もうそこに割けるリソースは無いのかもしれないし、実際にはMacユーザー(のOMDSユーザー)は無視できるほど小さいかもしれないけれど、そしておそらくサービスセンターに持ち込んだらアップデートはしてくれるんだと思うけれど・・・そういうことじゃないよねえ・・・。

OM-1、サブシステムとしてとても好きだし、愛用しているし、今後も2マウント体制を維持したいと思っていたけれど、この発表が覆らないのなら、今後はOM、買い足さないと思います。

–Ads–

OM SYSTEM OM-1 12-40mm F2.8 PRO II キット

OM SYSTEM OM-1 12-40mm F2.8 PRO II キット

245,362円(05/19 21:43時点)
Amazonの情報を掲載しています
コメント (2)
  1. 池田丈明 より:

    初めてコメントさせていただきます。
    デジカメinfoというサイトでも今回の件が話題になっていましたが、追記として
    「現在配布中のmacOSのセキュリティ強化に対応する最新のファームウェアにアップデートしておけば、次からも問題なくmacOSでファームウェアを更新できるようですね。」との記載がありました。今のうちにアップデートしておけば大丈夫なようですが、OMDSリリースは誤解をうむ記載であることはまちがいないですね。

    1. SAIKA より:

      え?え?そうなんですか?
      OMDS、そうならそうとちゃんと書いてよ・・・_| ̄|○
      情報ありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください