映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、ワタシの興味関心の向く モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006  このblogはアフィリエイト広告等の収益を得ています。収益はすべてモノローグに役立つ無駄遣いに使わせていただきます。

ニコン Z35mm F1.4投入で3社35mm1.4そろい踏み

ニコンがNIKKOR Z 35mm f/1.4を発表したことで、ニコン、キヤノン、ソニーの3社の35mm F1.4レンズが出揃ったことになります。
マウントを変える(あるいは増やす)予定のないワタシですが、Z6IIIといい、ニコン、精力的に良さそうな製品を出してきますねえ。

同じ35mm F1.4ですが、こうしてみると狙いというか製品ポジションがちょっと異なるのが分かります。
「絞り開放時は芯のある柔らかな描写が得られ、絞り込んでいくとシャープな描写に変化(中略)一方で周辺部までの高い描写性能を求める場合は「NIKKOR Z 35mm f/1.8 S」が適している」(デジカメWatch)という味を楽しむ?Nikonと、「画面全域における高画質化を実現(中略)逆光などの厳しい条件下でも、ASCによりフレア・ゴーストを効果的に低減し、コントラストの高いクリアな表現」(キヤノン製品ページ)とあくまで画質を訴求し、動画、静止画のどちらもトップレベルを志向するCanon・・・はいいのですが、価格が倍違うというのはなんとも・・。
そうなんですよね。キヤノン、どこか割り切ったラインか、そうでないといきなり20万オーバーで、趣味性の高い10万円前後の1本を探すと辛いんですよね・・・。

–Ads–

TTArtisan 35mm f/1.4 C RFマウント APS-C シルバー 銘匠光学

TTArtisan 35mm f/1.4 C RFマウント APS-C シルバー 銘匠光学

8,960円(07/17 17:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください