映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

InterBEE 2015とキヤノン

InterBEE 2015が今日から開幕。もう30年以上、毎年欠かさず参加していた展示会だけど、今年初めて行けずに終わる。
アンバサダーやらせていただいているG-Technologyが初めて単独出展するというのに。残念。

そして今年、キヤノンはInterBEEあわせで新しいEOSを発表することはなかった。(XA35、XA30は出したけど)
いや、InterBEEは放送機器展であり、EOSは写真撮影機なのは分かってる。
だけど、EOS 5D Mark IIを初めて展示したのはInterBEE 2008だし、CINEMA EOSの実機初披露もInterBEE 2011、そしてEOS-1D Cのベース機となるEOS-1D Xが発表されたのもInterBEE 2011の少し前で、InterBEE 2011ではのちにEOS-1D Cとなる開発中の一眼レフ型CINEMA EOSが発表されている。

CN-E14mm T31 L F

ということは、この辺の機種はまだ出てこないということか・・・。

ニコンのD5は開発発表があったらしい。当然、EOS-1D Xの後継機、EOS-1D XX(ダブルエックス)という訳にはいかないだろうから、EOS-1D X2?も開発中のはずだけど、発表はなし。
でも誰もが分かってるように来年はオリンピックイヤーだから、ニコンもキヤノンもフラッグシップ機を出してくるはず。
D4(およびD4s)はXQD & CFで、XQDはいまもいろいろ言われてるけれど、EOS-1D X後継機はさすがにCFのままではいけないだろうし、かといってニコンと同じXQDは採用できないだろうから、C300 MkIIやXC10で採用されているCFastに移行かなあ・・・。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください