映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

暗闇の中の希望-HOPE-伊藤公一写真展

新宿御苑にほど近い雑居ビルの3階に佇む小さなギャラリー、Place M
そこで一部の人には「黒い・・・」という感嘆符と共に知られた写真家、伊藤公一氏の写真展「HOPE」が開催されている(日曜まで)

Hope_01

初日に行ってきた。
伊藤公一 Koichi Ito
HOPE 2015.12.21 – 2015.12.27

Hope_02

彼の写真は、黒い中に微かに浮かび上がる色彩に、彼自身が投影されていると思うので、中途半端にその写真を撮ることが躊躇われ。
それゆえに、ここに載せた写真はすべてきつめに調色した形で載せている。彼の写真の本当の色は、自分でこのギャラリーに行くことでしか、味わえない。

Hope_03

ガラスペンで一気に書いたとされる序文。なんて病んだ繊細な作家だろう。落としたら35mmF2の前玉のように割れてしまいそうなひとだ。落としたら買い換える、らしいが。

Hope_04

ちなみにキヤノンユーザーの彼、今回、展示している写真は、EOS 5Ds、EOS M2、EOS-1D Xで撮られているらしい。

Hope_05

音楽ひとつ流れていない静かなギャラリーには、耐えることなくお客が立ち寄る。若い女性層が多いのが、意外というか納得というか。

Hope_06

なかには数時間、ギャラリーから動かないひともいる。
万人向けとは言い難い彼の写真だが、特定のひとのこころを掴んで離さないようだ。

Hope_07

なお、この一連の写真に映っている女性は共通の友人。仕込み、ではないが、肖像権に配慮して。

Hope_08

写真と観客を分けるのはガラス1枚。これが照明を反射してしまうのがなんとも残念。

Hope_09

Koichi Ito HOPE

Hope_10

そこに残ったのは、希望。黒い中にでも、希望はあるのだ。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください