映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS 40DのRAWファイル

以前も書いたように、EOS 40DのRAWは、アドビもアップルもまだ未対応。
んでも、一応、やってみた(笑)

Eos40d_raw_1

Adobe Bridge CS3
サムネイルやファイル名はちゃんと表示される(偉い)。
プレビューは表示できない。

Eos40d_raw_2

Adobe Photoshop CS3
あっさり降参。そっけなく認識しないと言われる。

Eos40d_raw_3

Apple iPhoto 08
インポート自体不可。

Eos40d_raw_4

Apple Aperture 1.5.4
面白い挙動見せたのがApertureで、インポート自体は出来る。
サムネイルは空白。
ところが、そのサムネイルを選んだり、ウインドウをリサイズすると一瞬、歪んだプレビューが表示される。で、マウスから手を離すと、表示不能。
どうやらリドロー中のみ、見えるらしい(笑)攻撃の瞬間だけ姿を現すロミュランバードみたいなものか?

Eos40d_raw_5

Canon ImageBrowser 5.8
当然だけど、すべて表示。ただ、ImageBrowser、なんかMacProだと動作がもっさりしているので、普段はBridgeなんだよなあ。

Eos40d_raw_6

Canon Digital Photo Professional 3.1
現状、唯一40DのRAWを現像可能。いや、悪いソフトじゃないと思ってます。DPP。だけど、個人的にApertureのワークフローに慣れすぎたので、DPPは使ってないんです。
う〜ん、当分、ImageBrowserとDPPでやるしかないのか・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください