映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Beastgrip Proは大袈裟でカッコイイiPhoneケース

CP+ 2016の会場で、ある意味もっとも面白そうなガジェットがBeastgrip Proだった。
当時書いたブログを見た編集部から連絡を貰って、ビデオSALONでレビューを書いたのが6月号。先日、ヨドバシカメラで専用(?)ブースで展示販売されていた。

BeastGrip_08

Beastgrip Pro 公式サイト

iPhoneをムービーカメラに拡張するリグ、というイメージが強いビーストグリップですが、iPhoneの外骨格フレームみたいな物なので

BeastGrip_01

ちゃんと電話としても使えます。この大袈裟な感じがとてもお洒落(?)

BeastGrip_04

この外骨格フレームがデザイン、サイズ、重さ、質感、すべてにおいて良いバランスで、両手持ちのときのホールディング性は抜群。

BeastGrip_03

特に右手側のグリップはすばらしい、そこそこの重さのアクセサリー(マイクやライト)なら右手だけで保持できるほど。

BeastGrip_06

汎用シューがひとつに、三脚穴が下に3つ、上に2つあるのでスライダーに付けたり、マイク等の拡張が容易。

BeastGrip_07

ただ、シューがひとつなので、ライトとマイクといったアクセサリーのデュアル使用がそのままでは出来ない。三脚穴が余っているので、オスオス止ネジとアクセサリーシューを使って、シューを増やすのがイイと思います。

BeastGrip_05

ただ、まだDOFアダプターが発売されていないみたいで、Beastgrip Proの真価が発揮されていないのが残念かなあ。

BeastGrip_02

取りあえずは大袈裟なiPhoneケースとしていかがでしょう?(笑)

-ads-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください