映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

三脚座のつくなるべく焦点距離の短いレンズは

三脚にカメラを付けるときは通常カメラボディの三脚穴を使う。三脚座をレンズに装着してレンズを三脚につけるのは主に重量級の望遠レンズ。
なのだけど、とある事情でなるべくワイドなレンズを三脚につけたい。

三脚座の設定のあるEFレンズで調べたら、さすがにワイドレンズには選択肢が無くEF70-200mmがもっとも焦点距離が短い感じ。

EF70-200mmF28L_01

写真は大学のメディア工房保有機材 EF70-200mm F2.8L IS II USM
知らなかったけど、この三脚座は標準仕様で別売りの設定がないんですね。無くしたら保守パーツとしての取り寄せか修理扱い?

MP-E65mm_04

ほかに、保有する機材ではMP-E65mm F2.8があるけど、これはマクロ「専用」レンズなので、今回は使えない。
TS-E用 三脚アダプターを買って、TS-E45mm F2.8を使う手もあるけど、そのために買うのは・・。

EF70-200mmF28L_02

ので、素直にEF70-200mmF2.8Lを使う。
写真の雲台はテスト用のダミー ケンコーのアルカスイス互換雲台FP-95。本番ではアルカスイス D4 ギアヘッドを使用予定。

EF70-200mmF28L_03

ミニチュアのEF70-200mmF2.8Lはコレ。キヤノンのUSBメモリ
EOS-1D X Mark IIのミニチュアとセットのレプリカは、抽選で外れましたよ、ええ。
(ユーザーには優先販売あってもいいと思います>キヤノンさま)

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください