映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

マクロフラッシュ STF-8

オリンパスのプロ向け体験会に招待頂き、OM-D E-M1 Mark IIの説明&実機体験をしてきました。
すでにE-M1 Mark IIとED 12-100mm F4をお借りしていたとは言え、オフィシャルな製品説明や開発者の居る場所でのハンズオンは貴重な体験です。
そこでみた、新製品のひとつがマクロフラッシュ STF-8

Stf8_1

もともとマクロ撮影に熱心なオリンパスはマクロ用フラッシュ等のアクセサリーも充実していた印象がありますが、この新製品は防塵・防滴かつ耐低温(-10度)のプロ向け仕様でありながら小型軽量に仕上げたマクロフラッシュ。

Stf8_2

この発光部はかなり自由に角度、そして位置を変更できるだけでなく、取り外してバックライトにしたり、と応用度の高い仕様。

Stf8_3

製品ページの作例を見ると分かるように、花や昆虫撮影といったフィールドワークに向けた本格的な製品だけど、フィギュア撮影にも有効だと思います >某氏。
さらに「深度合成」や「フォーカスブラケット」モードでも使えると聞くと、いいなあ、いいなあ。

Stf8_4

個人的にはキヤノンのLEDライト組込レンズ EF-M28mm F3.5 マクロくらいの気軽さのある製品が自分向きだと思うものの、こういうのも楽しいよなあ。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください