映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

BCN アワードにデジタル一眼の現在をみる 2017篇

去年もこのネタでブログを書いた BCN アワードにデジタル一眼の現在をみる(2016)が、その2017年版。
改めて書いておくと、売れてるから偉いとか、上だとか、という意図はありません。ただし、事業継続が困難なレベルで売れてないと市場から撤退もあるので、売れる方がいいというのはあります。

Bcn_award

BCN AWARD 2017 および 2016 より

一眼レフはEOSが7ポイントあげて、ニコン、リコーが、その分減らしている。ついにキヤノン、ニコンはダブルスコアになった。
この上位3社あわせると今年(昨年の総計)は99.7%になって、じゃあ、ソニーのAマウントαやシグマ、ライカの一眼レフはあわせてコンマ3%なのとか(Aマウントαはトランスルーセントミラーだから、一応、一眼レフ扱いですよね?)

そして、もっと驚くのがミラーレスでキヤノンがソニーを抜いたこと。
いや、そりゃEOS M5はがんばってると思うけれど、でも、EOS Mがソニーの主力であるαより売れている?
去年も書いたけど、じゃあ、パナやフジは一眼事業全部あわせてもEOS M以下なの?と、キヤノンユーザーのワタシだけど複雑な気分。
もちろん、BCNランキング自体、母数の標本化データに偏りがあるとか、売上「台数」であって、「金額」ではない、といった側面はあるものの、ひとつの指標としてはありと考えています。

TimeLapse

そんなカメラと写真の祭典、CP+ 2017まであと1ヶ月。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください