映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

シグマ 100-400mm ライト・バズーカ

CP+2017でシグマが発表していたSIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSMの価格等が発表。
3週間後の4月21日に税別10万5,000円で。
ヨドバシではすでに税込9万円(切って)予約開始なので、ポイント還元を勘案するとおよそ8万円。キヤノンのEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMより少し暗いとは言え、25%軽く、66%安いというのは凄いなあ。

100400mm_f563_dg_os_hsm

ユニークなのが、回転式ズームなのに直進式ズームに対応した内部機構もっていて、フードを掴んで直進ズームのようにも使えるというところ。独特のフード形状はそのためらしい。

うちの大学のEOS機材群はほとんど純正レンズなのだけど、2本ほどサードパーティレンズが入っていて、その1本が150-600mm F5-6.3 DG OS HSM

150600mm_f563_dg_os_hsm

実地テスト(?)のときのオフショット。
エクステンダー(これはキヤノン純正 <クマデジタルさん私物)付けているとは言え、この巨大さ。まあ、面白いけど、ワタシには扱いの難しい重量と焦点距離だったさ。

150-600mm F5-6.3 DG OS HSM_01

f7.1 1/500秒 ISO100 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM / EOS-1D X Mark II
遠くから寄れるからって、写真が良くなるとは限らない(当たり前だけど)

150-600mm F5-6.3 DG OS HSM_02

でも、600mmクラスで撮るムービーは面白かったな。
(EOS-1D X Mark II DCI4K/60PよりEMUで切りだし)

あ、SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSMって、三脚座ないの?
え、それはないダロウ・・・。
うーむ。
キヤノンのEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMを買った高田助手のコメントが聞きたい(笑)

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください