映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

カメラグランプリ2017はオリンパス(ほぼ)独占

「カメラグランプリ2017」において三冠を達成(オリンパスプレスリリース
大賞、レンズ賞、それぞれとったというのは凄いな。
記者クラブ賞をニコン D500、フジフィルム GFX 50Sがとったようにいい機材が多く出た当たり年だったと思うのだけど、OM-D E-M1 Mark IIとM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのインパクトは強かったと思う。

主力はキヤノンのワタシも、去年はEOS 5D Mark IVを見送って(EOS-1D X Mark II持ってるからというのもありますが)、OM-D E-M1 Mark II買ったし、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROも買った。

OM-D E-M1 Mark II & 12-100mmF4

というか、このふたつのコンビネーションが旅カメラとして最強だと思う。
合わせて1135gの重量でフルサイズ換算24-200mm F4のレンズ。
6.5段相当の強力な手ぶれ補正に4k動画。
個人的には最強のサブシステムだけど、メインシステムとしても十分通用すると思う。
(とはいえ、EOS-1D X Mark IIと較べると不満も多いけどさ)

OM1A2419

OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
でも、明るくて軽い12-40mmや手軽な広角ズーム7-14mmも好きです。

えっと、次はEOSが意地を見せてくれると信じています・・・。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください