映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art 試写

先日書いた、試用中の中望遠(でいいのかな、望遠というべき?)大口径レンズ SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art。
レビュー書けるほどまだ分かっていないのですが、取りあえず試写カットを何点か。

by SIGMA 135mmF18_01

水面の光ボケがキレイなのは9枚絞り羽根(円形絞り)の本領発揮?
なお、製品はシグマ 新製品レンズモニターキャンペーンによって貸し出されています。

SIGMA 135mm

今回、ボディは自分の主力機、EOS-1D X Mark II。
ボディとレンズ合わせて2.6kgを超える重量は、気が張ってるときはどうってことないけど、疲れてくると腕にずっしりとくる重さ(笑)
でも、このカメラでダメだったらそれは腕かレンズが悪い、と言うしかない逃げを許さないカメラ(笑)

by SIGMA 135mmF18_02

絞り開放の1枚。モデル 亜樹。
転用防止にテキストを入れた以外は、無補正の撮影時JPEGファイルです。

by SIGMA 135mmF18_03

同じく絞り開放。SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Artの最短撮影距離は87.5cm
フォーカスを左目に合わせている(つもり)と右目がフォーカス圏内から外れるという(笑)

by EF85mmF12L

ワタシにとってポートレートレンズと言えばこれ、な、EF85mm F1.2L II USM。
絞り開放で。こちらの最短撮影距離は95cm
こちらもフォーカスを左目に合わせている(つもり)と右目がフォーカス圏内から外れる。

by SIGMA 135mmF18_04

フォーカス速度はかなり俊敏で迷いもなかった。
動画でも撮影しているので、それは後日。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください