映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

INNOCENT WALTZ : 兎村彩野、国分真央 二人展

展覧会や写真展に行くのは好きだ。WEBでネットワーク越しに見る絵や写真も好きだけど、小さなギャラリーや大きな美術館、それぞれの空間に置かれた作品は、その場所の空気をまとっているから特別なものとして伝わってくる、から。

兎村彩野さん、国分真央さんの 二人展 INNOCENT WALTZ に行ってきました。
(終わってからブログ書くので宣伝にもなんにもなりませんね。ごめんなさい)

INNOCENT WALTZ_01

フォトグラファーの国分真央さん

INNOCENT WALTZ_02

イラストレーターであり、アートディレクターでもある兎村彩野さん

ふたりの作品、と合作(コラボ作品)からなる展覧会で、15センチ四方のスクエアなプレートに統一されていました。

INNOCENT WALTZ_03

国分真央さん(はじめまして、でした)は、Instagramのフォロワーが8万人に近いフォトグラファー。
ネット時代に急成長していくフォトグラファーって、HDR過剰な実写版クリスチャン・ラッセン的な・・・偏見があったりするのですが、彼女の写真は、やさしく、柔らかく、それでいて甘すぎない写真でした。
フォトグラファーが写真展、というと、ネットや印刷ではないプリントの魅力を見せたいと思うのは当然で(あるいは必然で)大きな印画紙出力になっていくと思うのですが(ワタシがやってもそうなると思う)、彼女の作品は15センチの小さなスクエアのなかに非光沢で展開される光の画、でした。

INNOCENT WALTZ_04

兎村彩野さんは、乃木坂の女社長に紹介されて1度だけみんなでご飯を食べてからファンになったイラストレーター/アートディレクター。
彼女のアートワークももちろん素敵なのですが、ファンの部分は実は彼女の書くテキスト。
USAMURA magazine は、ブログでも日記でもない、とても上質なコラム集だと思います。

INNOCENT WALTZ_05

さて、あえて書きたいのが作品のフォーマット。
15センチ四方(正確には152mmらしい)厚さ21mmのプレートは、非光沢なのにマットな表面ではなく不思議な手触り。

INNOCENT WALTZ_06

壁にぴったりと展示されていたので、プレートを両面テープか何かで固定していると思ったのですが訊いてみると違いました。

INNOCENT WALTZ_08

一体成形されたプレートの背面にはフック用達磨穴

INNOCENT WALTZ_09

さらにスタンド用孔と棒も用意されていました。

INNOCENT WALTZ_10

そう、この作品群、このままのかたちで買えるのです。
特設販売サイト。
オーダー分を制作するかたちなので、展覧会中に売約済みのシールもなく、シンプルな展示のみ。
あ、でも、販売は明日までの限定らしい。ギリギリですみません。(作品ギャラリーとしては閲覧可能)

INNOCENT WALTZ_07

小さなプレートが貼られた研究室の白い壁、って、たぶん、いいですよね。

INNOCENT WALTZ_11

と、そこへ現れたのは、兎村さんを紹介してくれた乃木坂の女社長こと、ぴちきょさん。

INNOCENT WALTZ_12

なにやら動画を撮っていましたが、まだ公開はされていないようです・・・。

-ads-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください