映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Macintosh名機図鑑

Book_01_2

Macintosh名機図鑑 大谷和利著 

最初、Webで見たとき、もっと大判のムックをイメージしていたので、店頭で見つけるのに苦労した。というか、相変わらず、その辺の本屋には並んでいない。

Book_02_2

ワタシの最初のMacintoshであるIIcx

膨大なMacintoshシリーズの中から、重要な40数台のMacintoshを写真と大谷氏のテキストで解説した本。全体を三期に分け、フロッグデザインの時代、ロバート・ブルーナーの時代、ジョナサン・アイブの時代それぞれのデザイン言語とアップル社の置かれた状況を絡めて解説する構造が光る。大谷和利氏のテキストも相変わらずシャープで改めて尊敬。

ただ、個人的にもっとも好きなデザインのPowerMacintosh9500が落ちているのは残念。

Book_03_2

で、逆に思い出して書棚から出してきたのが、往年の名著
アップルデザイン ポール・クンケル著 リック・イングリッシュ写真 大谷和利訳

この本はいつ見直しても素晴らしい。
深い洞察力のあるテキストと、日の目を見なかったモックアップマシンを含めた美しい写真。

Book_04_2

ただ、残念なことにすでに絶版。版元のAXISでは以前、在庫があったはずだが、いまでは在庫もないようで、新品で買うことは絶望的。
アマゾンでは古書として扱われているが・・・。

–ADs–

コメント (4)
  1. まこっと より:

    「フロッグデザイン」、懐かしいです。
    すっかり忘れていた名前です。
    最後に記憶にあるのは「NeXT」の頃ぐらいでしょうか。
    名前を思い出したついでにホームページを探してみたら
    これまでの作品が「Timeline」というページで
    「Cover Flow」状に閲覧出来るようになっていました。
    今、見返してみても、やっぱり自分には「NeXT」ですねぇ。

  2. SAIKA より:

    NeXT、いいですよねえ
    先日、某所で、ひさしぶりに実物と対面しました > NeXT

  3. まこっと より:

    勘違いされるといけないので、一応言っておきますけど、
    勿論、当時の自分には買えませんでしたよ、「NeXT」(笑)

  4. SAIKA より:

    わはは、ワタシもあの黒いボディには縁がなかったっす

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください