映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

クラリスと言えば

クラリスと言えばファイルメーカー・・ではなく
(って前振りも、もう通じる世代が減ってきたなあ)
クラリスと言えばカリオストロの城。
先日、ブログでカリオストロの城のブルーレイ版がH.264に変更の話を書いたときに、
ルパン三世 カリオストロの城 サントラ」が復刻されているのを知った。

Lupan_3

慌てて、amazonで注文。届きました。

オリジナルの「炎のたからもの」はiTunesStoreにも無く、嬉しい。
カリオストロの城、公開当時はドラマLPは出たモノの、サントラは出なかったで、寂しい思いをしていたが、1980年代半ばにBGM集として発売され、その後絶版になっている。
で、知らなかったのだけど、去年、CDでリマスタリング版が出ていたのだ。

Lupan_4

音源はマスターテープからリマスタリングだけど、ジャケットは紙で当時のLPを帯、封入物までそのまま縮小した復刻版。

個人的に、宮崎駿映画の最高傑作は、このカリオストロの城だと思ってる。

幸せを訪ねて 私は行きたい

いばらの道も 凍てつく夜も

二人で渡って 行きたい

主題歌「炎のたからもの」は、歌詞は映画の世界観と違う気がするが、劇中での使われ方は見事だった。
ラストに長々とスタッフロールが入らない本作では、この歌の終わりと映画の終わりがシンクロし、なんともいえない切なさを醸し出していた。
う〜ん、やっぱBDで買うべき?

ちなみに、このサントラCD、初回限定版のみらしい

–ADs–

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください