映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ネットブックが市場の2割を越える

10万円未満のノートPCの構成比は、51.7%となったほか、ネットブックが集中する6万円未満の価格帯の構成比は23.4%と、前月の19.9%から初めて2割を突破し、引き続き拡大傾向にあることを示した。(PC Watch)

元データがBCNだから、そのまま鵜呑みにするのは危険だが、まあ、ワタシの周りでのネットブック増殖率からいっても、感覚的には符合する。
もっとも、ネットブックに手を出しているのは(ワタシの周囲では)メインマシンを持ってる(下手すれば複数台(^.^))ひとたちばかりなので、かならずしも割り切って安いからシフトしてるってことではない、と思うんだけどね。
ただ、パソコンって言っても、メールとネットができて、エクセルとワードが開ければOK、って層は潜在的マジョリティだと思うので、東芝がネットブック参入する姿勢も分かる。

で、興味深かったのが、記事の後半、
OS別の集計では、ノートPCにおいては、Windows XPの構成比が25.5%(中略)、Windows Vistaは72.2%、Mac OSは2.4%。
デスクトップPCでは、Windows XPは4.4%に留まっており、Vistaが86.2%、Mac OSが9.4%となった。

ノートでのMacOSのシェアの低さは、かつてMacを牽引したMacBookが明らかに売れてないってことだよね。
デスクトップは順調にiMacが売れているんだろう。

Img_9066

10月投入がウワサされる新型待ちの買い控え?って、そんなにMacBook買う層ってアンテナ立ててるひとばっかりなのかなあ・・・?

とにかく、Brickラインと言われるMacBookには期待。

–ADs–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください