映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

NASがまま

タイトルに深い意味はない(笑)。RAID崩壊の挙げ句、復旧できずにメーカーにドナドナされていたNAS RAIDであるLANDISKが帰ってきた。

Landisk_01

送付から約2週間。通常1週間とHPに書いてあるが、まあ、仕方ない。
3年保証(ドライブ、電源、ファンは1年)のせいか、無償だった。良かった良かった。
ってことは、崩壊原因はドライブ周りではないと言うことだ。

Landisk_02

筐体交換、ドライブ初期化で正常動作確認・・・って、ようはハードウエア故障?
結局、本体がまるまる交換されていた。
ハードウエアが故障するってどのくらいの可能性があるか、ワタシにはまったく分からないが機械である以上ゼロにはならないし、運が悪かっただけかもしれないが、そうなったらRAID 5でもアウトだということはよく分かった。
ん〜、ソフトRAIDより信頼性が高いとなんとなく思っていたハードRAIDだけど、ハードウエアがやられたら、おんなじ。
さらに、RAID0でも5でも1+0でも同じ・・?と思いつつ、RAID 1+0でRAIDの再構築中。

Macのみの環境(DHCP環境下)だと、こいつに割り当てられたIPアドレスがわかんないんだよね。ちょっと不便。

Landisk_03

ちなみにアイオーデーターのオンラインショップでは、これと同じモデルが
USED(展示品)で25,610円(税、送料込)。ワタシの個体が運が悪かっただけ、なら、無茶苦茶お買い得だが。。。

–ADs–

ioPLAZA【アウトレットわっしょい祭りリターンズ1】

コメント (2)
  1. はしもと より:

    私も同じNASを持っているので内心ドキドキしています。
    MacからNASのIPが分かるMagicalFinder for Mac というソフトをアイオーデータが出しています。ご紹介まで。
    http://www.iodata.jp/lib/product/m/2118_mac.htm

  2. SAIKA より:

    ありがとうございます! まったくノーチェックでした
    試してみます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください