映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

MSAC-US40はプッシュ式だったよ

先日書いた、カチンというカードリーダーが欲しい エントリーのコメントで、モノ好き諸氏に教えて頂いたプッシュポップとかプッシュイン/アウトと言われる「カチンというメモリースティックカードリーダー : MSAC-US40」が届いた。
パッケージの対応OSに、Mac OSと明記されているのが嬉しい。

Msacus40_01

Msacus40_02

ところで、米国製品だとメジャーなブリスターパック。
ハサミ無いと開けにくいし、手を切りそうで苦手なんだよなあ。閑話休題。

Msacus40_03

こんな感じ(バックはCX12)。1mのUSBケーブルと、CD-ROMが入ってる。
CDに入ってるアプリケーションはウインドウズ用なので開けることはない。

Msacus40_04

待望のプッシュポップ(プッシュイン/アウト)。
カチンと小気味よく固定感がくる。いいねえ(笑)

Msacus40_05

ソニーらしく小洒落たアクセスランプ。VAIOカラー?で光ります。

Msacus40_06

ちなみに、CX12付属のメモリースティック8GBに、4.5GB収録したものを、MacProにコピーするのに要した時間は

CX12 付属ハンディカムステーション 4分28秒
ソニー MSAC-US40 2分58秒
シグマAPO CRS7HCWH 2分56秒

カチンという満足感はあるものの、専用デバイスのアドバンテージはないみたい。。

–ADs–


 

コメント (2)
  1. kumadigital より:

    …いつもありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください