映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Canon EOS 5D Mark II完全読本 発売中

20日発売と訊いていましたが、ワタシも部分的に書かせて頂いたCanon EOS 5D Mark II完全読本(アスキーメディアワークス)がすでに発売開始しているようです。
(Amazon経由でも発送済になってますね、mono-logue経由で買って下さった方、感謝です)

5D Mark IIのMOOKとしては結果的に後発になりましたが、編集者のK氏の嗜好か、アスキーという出版社ゆえか、レンズのフレア比較や他社のフラッグシップ機との実写比較など、カタログ本とはずいぶんニュアンスの異なるいい出来になってると思います。

5d2_1

自分の担当部分で言えば、β機(動画はチューニング中だった)で、しばらく検証、発売直後に量産機(正確には量産機と同等のファームになったβ)で、最後の検証と作例撮影。
最後はかなり詰めて入稿したように覚えてるが、他の12月発売のMOOKって、どんなスケジュールで作ってるんだろう・・・。

入稿後、1ヶ月以上、使い続けていて、正直、原稿で書いたことと印象の変わった部分もあったりするのだが(すみません)、5D Mark IIがひじょうに魅力的なカメラであることは変わらない。
あ、RAWソフトページで、iPhotoやApertureが対応未定になってますが、入稿時点ではそうだったんですよ。いまは、対応済になってしまいました。
原稿と出版にタイムラグがあるのは宿命ですね・・・

動画部分を含め、追加情報は「個人的に」ここに書いていくつもりなので、よろしくお願いいたしします。

–ads–

ちなみにビデオサロン1月号でも、動画編集について書かせていただいています。

(内容は半分かぶります、ご容赦ください)

コメント (5)
  1. MIKA より:

    拝見しました。
    内容もさることながら、クリップ画像の少女の写真を、堪能させていただきました(笑)

  2. SAIKA より:

    え〜と、本来の目的と違う気もしますが(笑)
    ありがとうございます〜

  3. toton より:

    初めまして、totonと申します。いつも楽しく拝見させていただいております。昨日こちらの読本を購入いたしました。というのも、先日Mark2を購入し別のMook本を購入してみたのですが、その内容があまりにも陳腐だったもので。。。敢えて名前は伏せますが、マニュアルに書いてあることしか書いていないからでした。オーナーがMark2の機能や性能を最大限引き出し、楽しむことを目的とした内容では無かったです。一方、完全読本の方はというと、テクニックやコツ、全機種や他の機種との比較などがわかりやすく説明されており(もちろん動画機能についてもです)非常に参考になりました。ありがとうございます。今後のご活躍を応援しております。いきなりの乱文で失礼しました・・。

  4. SAIKA より:

    totonさん
    はじめまして。ありがとうございます。編集者も喜ぶと思います
    ブログ拝見させて頂きました
    Macユーザーで5D2使いだったり、Aperture使いだったり、飛行機写真好きだったり・・・ああ、かぶるかぶる(^_^;
    夕暮れの離陸や着陸を、5D2の動画で撮って見たいと思いつつ・・・
    今後ともよろしくお願いいたします。

  5. 5D Mark2のHD動画のモノクロに脱帽する&納得の解説書
    EOS 5D Mark2というのは、かなり奥が深い機体でして、要するに私が下手で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください