映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ブルーレイ オーサリング 玄光社MOOK

玄光社から、ブルーレイオーサリングというMOOKが発売。
Windows環境メインの書籍ですが、数少ないMacintosh環境のページを書かせて頂いています。

Bluray_01

ブルーレイ オーサリング 玄光社MOOK
(写真はブルーレイとアムロレイ・・・苦しいっすか?)

個人的にいいなと思ったのが、「ブルーレイオーサリングのKeyword」として、18ページに渡る用語解説コーナー。
解像度や、フレームレートの話から、GOPやピクセルレシオなど、1ページ1項目で解説しており、入門者以上、中堅ユーザーの基礎知識取得にはもってこいだと思う。
BDAV/BDMV/BD-Jの違いなど、ワタシもあやふやだったので助かった(^_^;

Bluray_02

ワタシが書かせて頂いたのは、Final Cut ProからBlu-rayオーサリングへのワークフロー例解説。
Final Cut ProからXMLで書き出して、Premiere CS4 4.0.1でインポート。さらにEncore CS4へダイナミックリンクで渡す手順。
タイトル絡みの落とし穴についても書いていますので、よろしければ是非。

–ads–

コメント (6)
  1. まこっと より:

    早く「Final Cut Studio」や「iLife」のパッケージだけで
    BDMVが制作できるようにして欲しいですね。 > Apple
    我が家には未だにBDプレーヤーが無い状況なので
    まだBDドライブも買ってないのですが、一応HDVからAICで
    書き出したものを「TOAST」でBDMVに、という流れを考えています。
    でも、この方法だとやっぱり画質の劣化が著しいのでしょうか。
    検証されていた「toast 10」でのBDMV制作については
    「MacPeople」の次号あたりに載るのでしょうか?
    自分としては、そちらの方の記事を楽しみにしています。

  2. Zap2 より:

    >>ブルーレイとアムロレイ・・・苦しいっすか?
    綾波はいないの??
    そうよかったわね・・・

  3. digicame30 より:

    toast10で焼くのと,Encore で焼くのと
    どちらが画質が良いのでしょうか?

  4. imaizumi より:

    あー、その本、見なきゃと思っていたんだ。
    でも、うっているところなくて。
    どこかにアフィリエイトのボタンでもないかしら?(笑)

  5. SAIKA より:

    ん〜、でも、業務と言うよりは、コンシューマー向けの本です。はい。

  6. Imaizumi より:

    昨日届いて、中身をぱっと見ていたら、センセの肢体らしきものが・・・(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください