映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

夢の扉をひらく若者たち

夢の扉をひらく若者たち 日藝はいかに個性に火をつけるか
浅見文夫 遊行社

日大芸術学部卒業の14人に取材し、その学生時代と現在を語る本。
先日、アップルストアで一緒にコマフォトのセミナーをやらせて頂いた フォトグラファーの南雲暁彦さんがその一人として取り上げられているので買ってみた。

Img_2440

表紙になっているのも、南雲さん(が写った)写真だ。
まだ南雲さんを含め2〜3人分を読んだだけだが、興味深い。

大学には様々な学生が入ってくるし、事実上、大学は全入時代を迎えてるから、その能力は実に幅が広い。
その中で、のびる要件はなにか。
基礎的学習能力(学力とはちょっと違う)、目的意識、は大事な要素だけどすべてではない。
学生に限らず、ひとの「のびしろ」って、本気になるかどうか、だと思う。
本気になって、真摯に取り組むか、否か。

その火をつける、ことに日藝が場として長けているのかどうかは、ワタシは分からないが、この本を手に取った時に、そんな想いがよぎったのも事実。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください