映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

intuos新生 もしくは  序

amazonの簡易というかまんま包装によって、外装が傷つき、シンクロ率が低下したintuos4だが、外装は外装だっ、と開梱。
こうしてみると前のMacBookProのパッケージを彷彿とさせる。

Intuos4_01

(いまのMacBookProは白いパッケージになってるんですよね、確か)
さっそく蓋を開けると・・・

Intuos4_02

オマエはエヴァンゲリオンかっ

いや、萎えちゃダメだ萎えちゃダメだ。と更に開梱。

Intuos4_03

イイ感じです。
でも、まだ使ってません。なぜなら・・・
・・・机の上に空きスペースがないから(笑)
タブレットの課題は、その机面積占有率以上のベネフィットが得られるかどうかにかかってる。

ちなみに前回のブログを見た編集者からメールを頂いて、某誌でレビュー書くことになりました。
まるで自腹レビューですが、おかげで元がとれるか?(笑)ありがとうございます。
詳細は後日。

–ads–
あ、私が買ったときより下がってる。ちくしょー(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください