映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

AVCHD対応は先送り

もともとプロ用途ではあったが、今回のアップデートでローエンドプロよりミドルエンド、ハイエンド指向を明確にしたFinal Cut Studio 噂のあったAVCHDサポートは見送り(Leopard待ちゆえの先送りと受け取りたい)。ますます「現状では」Macユーザーに買いにくくなったAVCHDであるが・・・

Sd1_1

とある仕事のため、2泊3日で使ってみた。
(とある方への受け狙いであることは否定しない(笑)が、これは現行モデルです)がんがんに撮影し

Sd1_2

HDMIでキャプチャすれば、いまでもMacでハンドリング可能
(現実的か否かのコメントは避けよう)
近い将来(?)MacでAVCHDがサポートされたときに、比較するため、データのコピーも取っておこうと・・

Sd1_3

あ、SDHCだ・・・
ワタシ、SDHC対応のカードリーダー持ってない・・・
(最近、持ってないものが多い・・・これで、新しもの系ライターが務まるのか?)

なに、本体をUSBで繋いでデータコピーすりゃいいんだろ

Sd1_4

あ・・・・・
PCモード接続は、AC駆動必須なの?
バッテリーチャージャーは借りてるけど、DCコードは無いよ。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください