映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

今後の標準は「光沢パネル」だ!・・・?

今後の標準は「光沢パネル」だ!──液晶テレビの未来を麻倉怜士氏に聞く

記事自体は、テレビの話だが、ある意味、状況はおんなじ。
Macは作り手のマシンだから、ツルピカ液晶なんてありえない、なんて言えたのは遠い昔の話。
いまでは、iMacもMacBookProも、いや、LEDシネマディスプレイすらもツルピカの光沢液晶になってしまい、わずかにMacBookPro17inchのCTOでノングレア液晶が選択できるのみ。

–以下、引用–

時代は「非光沢パネル」から「光沢パネル」へ

非光沢パネルは画面にベールがかかっている感じがして、訴求力がなかったのでパソコンが早く、光沢パネルになりました。

デメリット(映り込み)とメリット(画質向上)を考えると、圧倒的にメリットの方が大きい。

今後「コンテンツを楽しむためのディスプレイ」は、光沢パネルが標準になるのではないかと思います。

——–

う〜ん、そうなのか?

コメント (1)
  1. 最後の標準非光沢MBP17" User より:

    テカリ液晶は、ほんとやめてほしいですね。
    1日の大半Mac使って作業する人間には非光沢じゃないと目が持たないですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください