映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

革の手帳型ケース:n.max.n for iPhone Xs Max

昨秋以来、iPhoneのケースはn.max.nの試作品を使っています。
ですが、この時書いたように、一部ながら糸が切れてきました。そうしたら、そのエントリーを読んだn.max.nの中のひとからメッセージが。ちょうど展示会出展で日本に来るので会いたいと。現物預かって修理させて欲しいとの申し出。

n.max.n for iPhone Xs Max_19

1月某日、都内でお茶とケーキをご馳走になりながらミーティング(?)。製品について、そしてカメラや写真について長く雑談し、ケースを預けました。
そうしたら、修理中の代替機として、違うn.max.nのレザーケースを渡されました。

n.max.n for iPhone Xs Max_18

同社の公式ページで見ると、No.730のデザインに近いですが、微妙にフラップの意匠が異なるのと、No.730にiPhone Xs Maxはないので、新型かもしれません。
せっかくなので紹介を。

n.max.n for iPhone Xs Max_02

オーソドックスな手帳型です。革(フェイクではない)製です。

n.max.n for iPhone Xs Max_03

エッジにステッチが入るのはわたしの持っている試作品とデザインラインが同じ。

n.max.n for iPhone Xs Max_04

ボタン留めなのね、と思わせて、実はボタンはデザイン上のダミーで、マグネットによる留め方式。このギミックは面白い。

n.max.n for iPhone Xs Max_05

開くとケーススリット。

n.max.n for iPhone Xs Max_06

このスリットにカードが2枚入る仕様。

n.max.n for iPhone Xs Max_07

この部分はフラップになっていて、iPhone Xs Maxを横位置で立たせることができます。

n.max.n for iPhone Xs Max_08

ムービー再生に◎、ですが、実はワタシはほとんどこういう使い方はしていません。
(でも、これが必須の人も多いのは知っています)

n.max.n for iPhone Xs Max_09

iPhone Xs Maxはサイドから差し込む形。

n.max.n for iPhone Xs Max_10

なので、わたしの持っている試作品と異なり、下面は開きません。
右角の折り返しは意匠上のギミック。

n.max.n for iPhone Xs Max_11

角のアールが美しいので好き。

n.max.n for iPhone Xs Max_12

小さな鋲は意匠上のものと思いますが、これも個人的にはツボ。

n.max.n for iPhone Xs Max_13

上部(カメラ側)には鋲はありません(あってもカッコイイのに、フチにスペースがなかったのか)

n.max.n for iPhone Xs Max_14

iPhone Xs Maxを入れる前の内側。

n.max.n for iPhone Xs Max_15

画面も全面覆う手帳型ゆえ、ジッパーのあるポケットにもザクザク入れることができるのは◎

n.max.n for iPhone Xs Max_16

で、厚地のケースだとQi充電が可能かどうか、気になります。
cheeroのQiワイヤレス充電スタンドに乗せてみると

n.max.n for iPhone Xs Max_17

問題なくワイヤレスで充電ができました。ただ、手帳型ケースだと充電マークが見えないので微妙に不安になる部分でもあります。

n.max.n for iPhone Xs Max_01

という訳で、代替機ながら質感に優れた革製ケースでした。
n.max.n、日本で正規代理店できないかなあ。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください